インプラントの寿命

人間にとって食事というのは、楽しみでもあり、生命を維持するために必須のものでもあります。
そんな食事を支えているのが「歯」でしょう。
健康な歯があればそれだけ楽しめる食事が多くなり、逆に自分の歯が失われる程楽しめないものが増えていきます。
……というのがかつての歯科治療の限界でありました。
例えば差し歯や入れ歯の場合、どうしても硬すぎるものは噛み切ることが出来なかったり、不満が出る事が多かったと言えます。
しかし、歯科の治療の進歩によって、最近ではこれを解消することが出来る「人工歯」が生まれました。
それが「インプラント」というものです。
インプランというのは「埋め込み」という意味で、これ自体は手術の方法から名前が来ています。
そう「埋め込み」をしてしまうという点がほかの人工歯とは根本的に違っている点です。

これまでの人工歯というのはあくまでも装着するだけというものであり「自分の歯」とは感覚的に異なったものでした。
しかし、インプラントはその人工歯を埋め込むことにより、まるで本物の歯と変わらないような感覚で利用出来るようになる、という画期的なものです。
この際に使用される人工歯の耐久度も目覚ましいものであり、そうそう壊れることはありません。
ここでは「インプラントの寿命について」ということで紹介しますが、基本的には「半永久的」です。
ただ、重要なのはこのインプラントは「手入れ次第」で寿命が変わるということです。


◎PICKUP-SITE
痛みのないインプラント治療を行っている東京のインプラントセンターです...インプラントセンター 東京